ページリンク

| ホーム | About us | 活動記録 | 安藤研鬼の十則 |

2016年5月25日水曜日

『UXデザインの教科書』出版記念セミナー 6月18日開催!

安藤昌也 著『UXデザインの教科書』の出版を記念したセミナーを、Yahoo! Japanさんの主催、東京ミッドタウンにて開催いたします!

実は、このセミナーは、ほぼ同時期にオライリー・ジャパンから出版された『UX戦略〜ユーザー体験から考えるプロダクト作り』の監訳者、安藤幸央さんにもご登壇いくことになりました。

『UX戦略』の監訳者である安藤幸央さんは、CGプログラマー/UXリサーチャーとしてご活躍される傍ら、UXデザインに関する書籍の翻訳や監訳などのほか、ブログ「安藤日記」や@ITでの連載「安藤幸央のランダウン」でも、UXデザインに関する知識をわかりやすく紹介・解説されていることでも著名です。

UXデザイン界では「ダブル安藤」ということで、どこかで一緒に登壇する機会をと思っておりましたが、今回初めて実現することになりました。

さらにもうお一人、気鋭のUXの論客、Supership株式会社の藤井幹大さんにもご登壇いただきます。藤井さんは、グッドパッチのチーフUXデザイナーを経てSupership株式会社のデザイナー。藤井さんのMediumは、最近「行動を設計するなら予期的UXにフォーカスしよう」などの一連の投稿が話題になっています。藤井さんには、事業サイドからUXデザインやUX戦略に関してお話をいただくとともに、パネルディスカッションのコーディネーターをお願いしております。

私の書籍『UXデザインの教科書』においても、UXデザイン戦略に関する考えが述べられており、セミナーでは、こうした点が論点になるのと思っております。

なお、セミナー後は、会場にて簡単な懇談会と「お悩み相談会??(未定)」を予定しております。

申し込み、および詳細は以下よりお願いいたします。
UXデザインの理論と戦略〜『UXデザインの教科書』出版記念セミナー申込み
(※なおこのセミナーは有料セミナーです)


=======
日時:2016年6月18日(土)13:30 受付開始  14:00開演〜17:30その後 懇談会
会場:Yahoo! Japanセミナールーム (東京ミッドタウンタワー 受付2階)
住所:東京都東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー 2階 受付にて
=======

プログラム

13:30 受付開始  東京ミッドタウン・タワー 2階にて受付  
    *チケットの金額をできるだけお釣りの無いようご用意ください。ご協力お願いします。
14:00 セミナー開始  主催者あいさつ
14:05 講演1:『UXデザインの教科書』著者 安藤昌也氏
  「UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント〜実践ではどこが重要か」
14:55 休憩
15:05 講演2:『UX戦略』監訳者 安藤幸央氏
  「UX戦略の本質〜いかに実践に結びつけるべきか(仮題)」
15:55 休憩
16:05  講演3:Supership株式会社 藤井幹大氏
  「事業での実践としてのUXデザイン〜UXデザインの戦略と理論をめぐって」
16:45 パネルディスカッション
  • パネルリスト: 安藤昌也氏、安藤幸央氏
  • コーディネーター:藤井幹大氏
17:30 懇談会(ビアバッシュ)
  ・飲み物と簡単なおつまみを用意します
  ・名札には、お名前ではなくUXやUXDに関する悩みや疑問を書いていただく予定です。皆様の交流を期待しております。
19:00までには終了
=======

・ベント参加費 (書籍なし) ¥2,500
・参加費+書籍『UXデザインの教科書 ¥4,300
・参加費+書籍『UX戦略』 ¥4,300
・参加費+書籍『UXデザイン教科書』&『UX戦略』 ¥7,000
・参加費 (事前に『UXデザインの教科書』を購入され、領収書または実物を提示いただいた場合。忘れた場合は2500円。『UX戦略』は対象外です)  ¥1,300
・学生特別チケット(限定10:社会人学生の方はご遠慮ください) 無料


2016年5月10日火曜日

『UXデザインの教科書』の詳細内容(第2報)

201658日に、第19回情報デザインフォーラムで「『UXデザインの教科書』を書きました」というタイトルでライトニングトークをしました。

書籍の内容をより詳細に紹介しています。




UXデザインの知識は多岐にわたります。しかし、UXデザイナー教育をするための、基礎知識の体系化はこれまで十分に検討されていませんでした。本書は、UXデザインを「デザインの実践」ととらえ、実践のためのインプットとアウトプットという視点から、知識を体系化することを試みました。

UXデザインの要素と関係性の図(下図)は、やや複雑に見えますが、「UXデザイン」に向かう矢印に注目すると、UXデザインのインプットを意味しています。逆に、「UXデザイン」から外に向かう矢印に注目すると、UXデザインの主なアウトプットを示しています。

本書の第2章は、UXデザインの要素と関係図に取り上げた7つの要素について、それぞれの基礎知識を解説しています(なお、本書ではビジネスについて”ビジネス戦略の把握”を除き対象としていない)。


<2章の詳細目次>
2 基礎知識
 2.1 UXデザインの要素と関係性
   2.1.1 実践としてのUXデザインの基本フレーム
   2.1.2 UXデザインのアプローチ:インプット
   2.1.3 UXデザインのアプローチ:アウトプット

 2.2 ユーザー体験
   2.2.1 ユーザーとは
   2.2.2 ユーザー体験の位置づけ
   2.2.3 UXの定義
   2.2.4 体験の期間で異なって知覚されるUX
   2.2.5 使う意欲と利用態度
   2.2.6 UXと体験価値

 2.3 利用文脈
   2.3.1 利用文脈とは
   2.3.2 様々な利用文脈のとらえ方
   2.3.3 手段選択における文脈の多様性

 2.4 ユーザビリティ・利用品質
   2.4.1 製品・サービスとは
   2.4.2 ユーサビリティとは
   2.4.3 目標達成と人工物

 2.5 人間中心デザインプロセス
   2.5.1 人間中心デザインプロセスとは
   2.5.2 HCDプロセスの理解
   2.5.3 ISO以外のHCDプロセスの体系

 2.6 認知工学・人間工学・感性工学
   2.6.1 関連する学問領域
   2.6.2 UXデザインに必要な認知工学の基礎知識

 2.7 ガイドライン・デザインパターン
   2.7.1 ガイドライン
   2.7.2 デザインパターン

 2.8 UXデザイン
   2.8.1 UXデザインのプロセス
   2.8.2 UXデザインの取り組み方